a

最近閲覧されたページ一覧

マッチ・ニッカネン 人魚姫 沖縄県立八重山商工高等学校 テトリス 八重山商工 兵科 西川大輔 山梨学院大学 国民徴用令 鬼瓦 藤原大輔 養成施設 増岡弘 ジャン・カルヴァン 菅谷政雄 約物 大森隆男 日本書紀 学力 1578年 シャルマン 田川地区 ワッハマン フランキー・イェール 9月1日
»もっと見る

「マッチ・ニッカネン」 をさらに検索

「マッチ・ニッカネン」 を他の言語で表示

カテゴリ

マッチ・ニッカネン とは


[[[ノルディックスキー]]
スキージャンプ]
[K120 (90m級)
ラージヒル 個人]
[K120 (90m級)
ラージヒル 個人]
[K120 (90m級)
ラージヒル 団体]
[K90(70m級)
ノーマルヒル 個人]
[K90(70m級)
ノーマルヒル 個人]

[[[FISノルディックスキー世界選手権]]]
[ラージヒル 個人]
[ラージヒル 団体]
[ラージヒル 団体]
[ラージヒル 団体]
[ラージヒル 団体]
[ノーマルヒル 個人]
[ラージヒル 団体]
[ラージヒル 個人]
[ラージヒル 個人]

[[[FISスキーフライング世界選手権]]]
[個人]
[個人]
[個人]
[個人]
[個人]

マッチ・エンシオ・ニッカネン(より正確な発音は「マッティ・エンシオ・ニュカネン」)Matti Ensio Nykänen1963年7月17日 - )はフィンランドの元スキージャンプ選手。

1982年オスロ世界選手権で18歳のとき個人90m級(K120、現在のラージヒル)で優勝を飾った後、1984年サラエボオリンピックでは、個人70m級(K90、現在のノーマルヒル)で銀メダル、個人90m級で金メダルを獲得した。続く1988年カルガリーオリンピックでは個人70m級、90m級、団体90m級の3種目ですべて金メダルを獲得した。FISワールドカップでは史上最多の通算46勝をあげた。出身国のフィンランドでは知らぬ人はいないほどの国民的英雄である。
1980年代を代表する最強のジャンパーであり、「ジャンプで恐怖を感じたことはいまだかつて一度も無い」と豪語していた。日本では「鳥人」の愛称で呼ばれた。

1992年に歌手に転向したが、この年の12月に突然来日、翌シーズンに迫ったリレハンメルオリンピック出場を目指して日本の社会人チームに同行し、2年ぶりにスキーを履いて名寄での大会に参加、宮の森ジャンプ競技場など札幌市内でもトレーニングを積み、日本のファンに期待を持たせた。

ナショナルチームの合宿・遠征時に酒がもとでチームメイトやコーチに暴行をはたらき、メンバーを外されたことがある。引退後も、暴行事件や結婚離婚を繰り返すなど数々のトラブルを起こした。2004年8月には殺人未遂事件を起こし、懲役2年2ヶ月の実刑判決を受け服役。2005年9月に釈放されたが、4日後に虐待事件で再び逮捕された。

引退後は歌手としてレコードを発表している。

2006年1月、ヨーロッパで彼を題材とした映画『MATTI』が公開された。

圧倒的な強さを誇った全盛期には、2枚のスキー板を平行にしたまま体の横にはみ出させるフォームで飛行していた。後に主流となったV字ジャンプ(スキー板のつま先側をVの字に広げて飛ぶ方法)と呼ばれるフォームは、飛行時に空気を受ける幅を広げて大きな揚力を得る方式であるが、それに似た効果があったとされる。彼のフォームは横から見ると美しいものであったが、正面から見るといつもスキー板が右肩の外側にはみ出ていた。この頃から日本のジャンパーでも葛西紀明東和広など、彼のように揃えた板を横にずらすスタイルを実践する選手が増えた。

主な成績

外部リンク

マッチ・ニッカネンのリンク元


関連ページ

オススメ価格情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN