ウィキペディア@pedia

配線用差込接続器 とは

配線用差込接続器(はいせんようさしこみせつぞくき)とは、差込プラグとプラグ受けで構成され、差込プラグをプラグ受けに抜き差しすることによって、配線とコード又はコード相互間の電気的接続および(又は)断路を随時容易にできるようにした接続器(JIS C 8303-1993)。差込プラグ、コンセント、コードコネクタボディ、マルチタップに分けられる。
定格電圧100Vから300V、定格電流50A以下、2極から5極のものは、電気用品安全法適用品である。

電安法では、電気用品の技術上の基準を定める省令 別表第四6などに規定があり、JISでは、JIS C 8303などに規定がある。IECではIEC 60884など。

プラグ

プラグ(差込プラグ)とは、導体となる刃と、絶縁物で覆ったコードなどとの接続部などから構成され、これを手にもってプラグ受けと抜き差しするもの。

コンセント

コンセントとは、電源などを供給するために、家電製品などの電気器具のプラグを接続する差し込み口 (プラグ受け) のうち、造営材、機器などに固定できるものこと。一般には壁面や床面などに設けられる。英語の名称でエレクトリカル・アウトレット (electrical outlet)、または単にアウトレットと言うこともある。また業種によってはレセプタクル アウトレットと言うこともある (但し英語の receptacle outlet はもうあまり使われることがない古い表現)。

日本ではコンセントまたは電源コンセントという名称が一般的だが、これはいわゆる和製英語で、concentric plug(同心のプラグ)を略したものである。大正末期には差し込み口とコードの先の組み合わせを「コンセントプラグ」と称したが、東京電燈(現・東京電力)に勤めていた小林勲が、同社の電気工事規程である内線規定を起草する際それぞれを「コンセント」と「プラグ」とに分けて称したことから、もっぱら差し込み口を「コンセント」というようになった。

コネクタボディ

コネクタボディ(コードコネクタボディ)とは、プラグ受けのうち、コードなどの延長用で、固定しないで使用するもの。

マルチタップ

マルチタップとは、プラグ受けのうち、二口以上の刃受、コードなどとの接続部、電源用差込刃などから構成されるもので、一つのコンセント又はコードから二つ以上の分岐接続ができるもので、固定しないで使用するもの。

卓上などにおいて使用するものをテーブルタップ、コードで吊り下げて使用する目的のものをペンダント形マルチタップ、電源用刃を持つものを差込式マルチタップ(三角タップなど。)という。

詳しくはテーブルタップを参照。

形状

国によって形状は異なっており、日本の一般家庭やオフィスなどに引き込まれている、単相交流100ボルト用のものでは、細長い差し込み口が2つのものが主流で、左側の差し込み口の方が少しだけ長くなっている(左側が9mm、右側が7mm)。少し長くなっているほうが接地側となるのが正しい接続法である(JIS C 8303 2極コンセント 15A125V)。しかし逆に差しても位相が反転するだけなので、通常使用では意識する必要はない。

また、2つの差し込み口の下に、接地極用の丸い差し込み口を設けている接地極付コンセント(アース付差し込み口、アース付コンセントともいうが、接地端子付コンセントと混同されることがある)がある(JIS C 8303 2極接地極付コンセント 15A125V)。計3つの穴が開いたもののことで、3芯または3穴 (けつ) ともいわれる。なお、コンセントのオス (プラグ) 側がアース付コンセントで、メス (ジャック) 側が通常のコンセントの場合はアース端子が邪魔になり差すことができない。この場合は変換アダプタが必要となる。

動力用の三相3線式200V用には、接地極用を含めて4つの差し込み口を持つものもある(JIS C 8303 3極接地極付コンセント 15A250Vなど)。

アース端子は日本国内で正しく施工されている場合はD種接地(100Ω以下)に接続される。




画像:JPAC100V15A.svg|一般的な家庭用100Vコンセント(JIS C 8303 2極コンセント 15A125V)
画像:JPAC100V15AET.svg|OA機器設置箇所等に使われるアース端子付コンセント(JIS C 8303 2極接地極付コンセント 15A125V)
画像:JPAC100V15A20AET.svg|エアコン設置箇所等に用いられる大容量コンセント(JIS C 8303 2極接地極付コンセント 20A125V)
画像:JPAC200V20AET.svg|200Vエアコン設置箇所等に用いられるコンセント(JIS C 8303 2極接地極付コンセント 20A250V)

豆知識

外国への旅行などで、普段使っている電気製品を現地で使用する場合には、プラグの形状の違いや、電圧の違いを吸収するための変換器(英語版記事)が必要になる(参照List of countries with mains power plugs, voltages and frequencies)。
ノートパソコンの電源アダプタや充電式シェーバーなど一部の製品では、日本で使用されている100ボルトから、東南アジアヨーロッパなどで使われている240ボルトまでの幅広い電圧に対応しているものがあり、それらの場合はプラグ形状のみを変換する安価な変換プラグを購入するだけでよいが、100ボルトにしか対応していない機器を使用する場合は電圧を下げるために変圧器(トランス)が必要になる。100ボルト専用機器と安価な変換プラグの組み合わせで使用してしまい機器を故障させるトラブルが後を絶たないため、国外に持ち出して使用することが想定される機器については240ボルトまで対応できる機器が増えてきている。

種類

JIS C 8303-1993に規定されているものは以下の通り
* 防浸形
* 防雨形

それ以外の区別

類似するもの

接地極付コンセントの施設

(内線規程3202-3の2005年改訂による)。

演出空間で用いられる差込接続器

劇場等演出空間電気設備指針演出空間仮設電気設備指針では、安全性確保の観点から、接地極付の配線用差込接続器を使うよう定められている。
したがって、1999年以降に建設、改修された設備については、すべて接地極付のものが使われていることになっている。

施設、業者によっては、これまでの2極のコネクタを接地極付のものに取り替えただけで、接地線を配線していない例もあり、注意が必要である。

* 2極15A125V
* 2極接地極付15A125V
いわゆる平行プラグ・コンセント。ごく小規模な施設で使用されている。大規模設備で使用するものでも、エフェクトマシンのモータ電源、カラーチェンジャの電源等に用いられる。汎用品のため、コストが安い。
コンセント/コードコネクタボディには抜止形が用いられることが多い。
* 2極引掛形15A125V
* 2極接地極付引掛形15A125V
* 2極引掛形20A125V
通称はツイスト、ツイストロック
分割型のアッパーホリゾントライトなどの固定設備にもっぱら用いられる。
20Aのものについては、改修で後述のC型20Aに取り替えられることが多い。
* 3極接地極付引掛形20A250V
三相3線用であり、舞台機構用の動力電源として用いられることが多い。
通称はこれも、ツイスト、ツイストロック
* 2極20A250V
いわゆるT型。かつて多用されていたが、電気用品の技術基準の改正により、100Vと200Vの誤接続を防ぐため100V系での使用が禁止され、現在では規格自体が廃止されている。
しかし現在でも多数残っており、ツアーでは旧型の機材(T型)用にミニC→T型への変換ケーブルを持ち回っている事が多い。しかし、感電漏電事故を起こした場合、過失を問われることになる可能性が高い。
* A型 2極30A125V
* A型 2極60A125V(通称ラージA)
旧規格。接地極を持たない、逆差しが可能であるため極性が一定しない、電圧側電線が先に接続される可能性があるなどの問題があるため、C型の規格が策定された。
* C型 2極接地極付20A125V(JATET-L-3030-2 演出空間専用差込接続器C型20A)
20A125V 2極引掛形、20A125/250V 2極(T型)のうち100V系を置き換える規格。
コンセントの外径を、これらと同一にしており、容易に交換できるよう配慮されている。
通称ミニC、20C
* C型 2極接地極付30A125V(JATET-L-5040-2 演出空間専用差込接続器C型30A)
A型 2極30A125Vの代替規格。
通称はC型であるが、20A,60Aと区別する必要がある場合、特に30Cということがある。
* C型 2極接地極付60A125V(JATET-L-5050-2 演出空間専用差込接続器C型60A)
A型 2極60A125Vの代替規格。
通称ラージC、60C
C型シリーズの特色として、接地極を持ち、逆差しができなくなったほかに、コンセント、コネクタの電圧側極に接点機構が設けられ、必ず電圧側が後に接続されるようになっている点がある。
C型プラグをA型コンセント、コネクタに差すことはできるが、若干隙間ができるため避けたほうがよい。
また、JATET規格になる以前の旧規格のC型は、現規格のものと組み合わせたときに、若干隙間ができることがあるので注意が必要である。
* D型 2極20A250V接地極付(JATET-L-6060-2 演出空間専用差込接続器D型20A)
20A125/250V 2極(T型)のうち200V系を置き換える規格。
コンセントの外径を同一にしており、容易に交換できるよう配慮されている。
単相3線100/200Vの200Vを使用することが前提になっており、L1,L2,EのうちL1,L2の双方に接点機構が設けられている。
* C型 4極100A250V
* AD型 2極接地極付100A125V
C型をそのまま拡大した形状。10kWソーラーなどで用いられている。
* CEEform(IEC 60309-1/2、英語版記事)
多極接続器。日本国内の照明機材ではあまり見られないが、ヨーロッパ発のツアー機材ではよく見られる。ロック機能がついているのが特徴(JATET規格等では、あえてロック機能をつけていない。ただし、初期のC型にはロック機能付のものが存在した)。
演出空間仮設電気設備指針では、照明系統との誤接続を防止するため、音響系統用として挙げられている。しかし、実際はC型を用いることが多い。
通称もそのまま、シーフォーム
* カムロック/カムタイプ(英語版記事)(UL498)
単極接続器。300A、400Aのものが主に電源配線に用いられる。
* パワーリンク・パワーロック(IEC 60309-1)
単極接続器。400Aのものが主に電源配線に用いられる。日本国内の照明機材ではあまり見られないが、ヨーロッパ発のツアー機材ではよく見られる。
演出空間仮設電気設備指針では、照明系統との誤接続を防止するため、音響系統電源配線用として挙げられている。しかし、実際はカムロックを用いることも多い。
* ソカペックス(19pinマルチコネクタ)(UL1977:コネクタ規格、USITT RP-1:ピンアサイン)
19極25Aのものが(2P+E)×6として、6回路のマルチコネクタに使われている。
通称はソカペ。
* MSコネクタ(MIL-C-5015)
26極13Aのものが6P×4+E×2として、54極13Aのものが6P×8+E×6として、マルチコネクタに使われている。主に舞台機構でチェーンホイストの4台、8台駆動に用いる。アナログ(パラレル)調光信号用にも使われる。。
* 3極接地極付引掛形 20A480V
三相3線用であり、舞台機構用の動力電源として用いられることが多い。
通称はこれも、ツイスト、ツイストロック

脚注

関連項目

外部リンク


「配線用差込接続器」をオークション検索する
「配線用差込接続器」をニュース検索する
配線用差込接続器@wikiホットワード
「配線用差込接続器」をwhois検索する
「配線用差込接続器」を小説検索する
「配線用差込接続器」の商品検索する